コピー機などOA機器はリースが今の主流

OA機器リースのメリットについてお伝えします

経費にできる

OA機器経費にできる項目を増やすことで税金対策になります。そのため、多くの企業が何を経費にできるかを日ごろから考えているでしょうし、あれもこれも経費にしてしまおうとしている会社も少なくないでしょう。コピー機などのOA機器をリースにした場合、その費用を経費にできるというメリットがあります。リースの費用を経費にできますからこれは一つのメリットと言えるでしょう。また、リースだと月額料金を支払うことになりますし、決まった金額を毎月支払いますからランニングコストを把握しやすくなるというメリットもあります。

OA機器をすべて購入した場合だと減価償却の手続きなども面倒ですし、固定資産税の支払い義務なども発生します。リースだとOA機器の所有権はリース会社が持っていますし、自分たちは特に何もする必要がありません。面倒な事務処理からも解放されますから現場からも喜ばれるのではないでしょうか。このように、OA機器のリースにはいろいろなメリットがあります。リースは不安、心配という方は未だに多いようですが、世の中の主流は完全にリースです。実際、規模の小さな会社から大企業までOA機器をリースで賄っている現状がありますし、それがすべてを物語っています。

リース会社選び